家の中に風の通り道を作る

突然ですが、みなさんの家は風通しはいいですか。風通しなどと、いきなり言われても家の中に風が通っていては冬の寒さはどうするのだ、家の中に冷たい風が入ってくるではないかと怒られる方もいらっしゃるでしょう。ところが家の中に風の通る道を作ると新鮮な空気が送り込まれるので自然換気ができ、家の中の湿気対策もできるのです。では家の中に風の通る道を作るにはどうすればよいのでしょうか。実は自然の風は南から吹いて、北へ流れるという性質と空気は温められると上昇する(温められると質量が軽くなるため)という性質を持っています。

この二つの性質を利用して、家の低い位置に通気材を取り付けて、家の高い位置に通気材を取り付ければ空気は家の中を南側の下部の通気材から入り、中を上昇して北側の通気材から外に出ていくのです。そのため一日中空気は入れ替わり新鮮な空気が循環するのです。

なお通気材を取り付ける場所は、防犯やプライバシーをしっかり考えてからとりつけましょう。

さらに家の外回りを断熱材で断熱施工してください。断熱施工をすれば自宅の外壁は中の熱を逃すことがないので、家中のドアや開口を開けることができて、風の通り道を作ることが出来ます。風が通ることで中の住人は新鮮な空気を吸うことができ、家は湿気などから守ることができるでしょう。