断熱材も定期的な点検が必要!?

わが家の話なのですが、ハウスメーカーの定期メンテナンスで雨漏りをしている箇所を見つけました。その件は、ハウスメーカーの方がものすごい勢いで謝ってくれて、そしてリフォームもしっかりとしてくれました。そして、その際に断熱材のチェックもしていましたね。

わが家の雨漏りの原因は、屋根の破損でした。理由はよくわかりませんが、屋根にわずかながら破損している部分があったのです。とは言っても、家の中の生活空間にまで入ってくるほどの水漏れではなく、本当にわずかながらの破損で、私たちも気がつかなかったのですけれど。

しかし雨漏りの原因となりますからね。直さないわけにはいきませんから。ですから直してもらいましたよ。そしてその際に、リフォーム会社とハウスメーカーが行なったチェックの中には、「断熱材のチェック」もあったというわけです。

わが家の屋根裏の空間には綿の断熱材もバーッと敷いてあるそうなのですよね。それらが湿っていないかどうかを念入りにチェックしたそうです。綿の断熱材をどかして、その下にあるシートも湿っていなかったそうですから、幸い大事には至りませんでしたが。

ですから定期的な断熱材の点検というよりは、断熱材を入れてあるところの周辺のチェックとも言えるでしょうか。断熱材を長持ちさせるためにも、湿気は大敵ですからね。外壁や屋根の点検は大事でしょう。